年収800万円の女性

平均年収が440万円、内男性が480万円、女性が360万円と言われている中で、年収800万円の人は約115万人と言われています。
そのうち、女性は約10万人と全体の1割ほどしかいません。

それでも、平均年収の倍以上を稼ぐのですから、羨ましい話ですよね。
稼げるものなら稼ぎたいものですね。

では、年収800万円稼ぐ女性とは、どのような職業で、どのような生活をしているのでしょうか?

年収800万円だと、手取額は約600万円くらいだそうです。
月収にすると、約50万円となりますね。
所得税は年間40万円弱となります。

毎月50万円あれば、月10万円の家賃を払い、保険等に3万円、食費2万円、他光熱費等を考えても、20万円以上貯蓄に回せるのではないでしょうか?
かなり、ゆとりのある生活が出来ますね。

一般的に年収800万円稼ぐ職業とはどんな職業でしょうか?
IT系のコンサルティング、医師や大手製薬会社、をはじめ、大手メーカーのエンジニアなどが上げられます。
では、女性ではどうでしょうか?
マーケティング業の管理職、経理・財務関係部署の管理職、独立企業したエステティシャン、など、多様な職種の方のお話がありました。

大手企業に普通に勤めていても、なかなか800万円の年収を稼ぐのは難しいでしょう。
何か特殊な技術や技能職、さらに、その中でも上のポジションに上がっていけるくらい、仕事に没頭して、スキルをあげていくと800万円も可能かもしれません。

会社を立ち上げて、自分で何かを生み出せる事が出来るなら、それはとても魅力的ですね。
稼ぐも稼がないも自分しだいではありますが、自分で何かを生み出そうという気持ちがあれば、頑張れるでしょうね。あとは、センスも必要になりそうですが。

安定して、高収入を得るなら、大手企業に就職し、スキルをあげて、中には実力をつけてから、違う会社へ転職し、更にお給料UPとなった女性もいるようです。
自分のやりたいことや、自分が経験してきた道(身についたスキル)を、ぶれずに貫いて、追求していくことが大切でしょう。

高収入を得て、バリバリ働く女性は、なんとなく結婚が遅くなったり、遠のいたりするイメージがありませんか?
女性が高収入だと、男性がそれ以上の収入を得ていない場合に、どこか引け目を感じるところもあるようです。基本的に男性は女性より上に立ちたい!と言う気持ちがあるようなので、バリバリ働いて年収800万円以上稼ぐ女性は、家庭に収まることは難しいかもしれないですね。働くことで活き活きできて、それが収入に繋がる部分もあるでしょうから。

そうなると、仕事に没頭しても、文句を言わない、心の広い男性を見つけて、家事も分担して、お互いに一生懸命仕事に励むことが出来る関係を持てる相手をさがして、仕事もプライベートも充実したキャリアウーマンでいてほしいなと思いますね。