働く女性の平均年収はどれくらいでしょうか?
知っておくと今の自分の収入が平均より上なのか下なのか知ることができます。
長く勤務をすれば年収もアップする傾向にありますが、今の仕事に見切りをつけて転職をする女性も多いです。
やってみたいと思ったことがあれば、なんでもチャレンジをしたいと考えるのはごく一般的なことです。
年収アップさせたいと考えているのであれば、今の仕事を継続したほうがよい、ということがあります。

雇用形態も様々であり、正社員だけではなく契約社員、派遣社員という選択肢があります。
正社員の場合には賞与があるので、年収は契約社員や派遣社員よりも高額になることが多いです。
それでも近年では正社員であっても賞与を受けることが出来ない場合も多くなっており、正社員だからと言って絶対的に収入が高いというわけではなくなっています。

女性の平均年収は300万円を切っています。
500万円以上の年収を得ている人も1割に満たないというのが現実です。
今は様々な税率も上がってきているので、支出が増えるのに収入が全く増えないという人が多いです。
そこで本業以外に副業を行う女性も増加をしています。

女性の場合、長く勤務をすることが困難となる場合が多いです。
結婚や出産によって休職をしたり、場合によっては離職をすることもあります。
離職をした上で子育てがひと段落をした時点で転職をするともなると、キャリアがゼロからのスタートになってしまうこともあります。
年齢的にも正社員としての勤務が困難になることも多いです。
休職であっても復職をする場合には空白の期間があったとしても考慮してくれますし、休職をしたからキャリアにペナルティが課せられることもありません。
だから復職も出来るのですが、それでも結果的に退職をしなければいけないということもあります。

女性の平均年収は男性よりも圧倒的に低いです。
能力があっても女性ということだけで昇進をすることができないという企業もまだまだ多いです。
建前上は男女平等だと言っていても、実際には女性だから年収も低く設定されていることがまだまだ多いです。

職業によっても就業をする場所によっても、地域によっても平均年収というのは大きく異なってくるものです。
全国平均ではなく、職種や年齢、仕事をしているエリアでの平均もチェックしておくと参考になるでしょう。
平均よりも低いともなれば、転職を考えるタイミングかもしれません。