20代女性の平均年収はかなり低いと言われています。
250万円を下回っているとも言われています。
ボーナスなしの場合、月収が手取り19万円程度とも言われています。
これはかなり厳しい状況を言うことができます。

昔の日本の企業は年功序列、終身雇用制度を導入していました。
しかし年功序列の場合、能力もないのに勤続年数によって管理職になってしまう場合が多くなり、社員のレベルが低下をするというリスクがあります。
ですから最近では外資系のように年功序列制度を廃止し、能力主義に切り替える国内資本企業も増加をしています。
それでも20代女性の場合には、自分の才能を生かすことが出来る仕事をしない限り、年収アップはとても難しいです。

未だに20代の女性は結婚をしたら退職をすると思われていますし、仕事を続ける人はそんなにいないだろうと思われています。
そうすると仕事の内容も重要な責任を負わなければいけないようなものではなく、誰にでもできるような仕事をさせられることもあります。
男尊女卑の考えは根強く残っています。

それでも20代で年収が平均よりもかなり高い職業もあります。
看護師の場合には、20代後半ともなるとキャリアを積んできたという判断がされます。
中には20代後半で認定看護師の資格を取得する人もいます。
認定看護師は一定のキャリアを積んでいる人などの条件が合えば資格を取得することができます。
認定看護師の資格を取得していれば、医療現場でも出来ることが増えます。
ですからできるだけ認定看護師の資格は取得しておいたほうがよいでしょう。

看護師の仕事は残業があってないようなものです。
緊急事態が起これば、帰宅をすることはできません。
対応をしなければいけないので、かなりハードな仕事です。
自分のミスが人命に関わってくるので、責任もあります。
常に緊張感を保っていなければいけない仕事なので、大変ということから収入もよいです。

介護士や保育士も必要性が叫ばれていますが、年収は低いです。
年収がアップすれば介護士や保育士になる人も増えると思われます。
需要がある職業こそ、収入面も優遇されなければいけないようです。

20代で色々なキャリアを積んだり、資格試験に挑戦をして、自分の武器になるものを見つけるとよいです。
自分の武器があれば、転職も行いやすくなりますし、転職によって年収もアップさせることが出来るようになります。
選択肢も広がっていくのです。